ブログ

パーマキャンペーン2《新宿》

テーマ:

こんにちは

前回の引き続きで第2弾。

今回は縮毛矯正とデジタルパーマの仕組みの話をしていきます。
まず、前回のおさらいです。
前回パーマの仕組みは、還元剤と酸化剤を使ってシスチン結合の切断と再結合をするというのは覚えていますか?

縮毛矯正やデシタルパーマもこの還元と酸化の作用を使います。
大きく違うところは、還元剤で切断したあと、縮毛矯正ならアイロンで、テジタルパーマなら専用のロッドで熱を加えることによって熱酸化で固定させるんです。
そのあとの薬は補足として使いますが、
この熱酸化が一番の特徴なんです。

デジタルパーマをかける際、かけたことのある方はわかると思いますが、ロッドを外すとびっくりするくらいぐるぐるになってますよね。
あの工程がまさに熱酸化です。

そして、この時に同時にタンパク変性というものを起こします。
このタンパク変性は1度起こすと戻りません。
つまり、生卵をゆでたまごにしたらもう生卵にはもどらないですよね。
それと同じ事です。

タンパク変性を起こした髪には
ふつうのパーマ(前回説明した仕組みのパーマ)はかからないんです。

正確に言うと、かかるところとかからないところがあって、狙ったパーマが出せないんです。

デジタルパーマはとれてきてるのにふつうのパーマがかけられないんですか?と聞かれることもありますが、
あまりお勧めできないです。

デジタルパーマがとれたと感じるのは根元が伸びてきたからなんです。
デジタルパーマをかけた部分のタンパク変性は戻らないので。

デジタルパーマも縮毛矯正も
一度かけると楽ですが、かけるのに時間がかかるので大変ですよね。

一度に両方やるとなったら、半日がかりの覚悟でみなさん来られます。

何時間も座りっぱなしで、
立ち仕事の自分には逆に座りっぱなしの方がキツイです。

でも、そのあとの手入れのラクさにみなさんやめられないようです。

縮毛矯正とデジタルパーマの仕組みは理解できましたか?
来月のキャンペーンでは、縮毛矯正もデジタルパーマもお得です。
さらに縮毛矯正は梅雨前ということもあって、5月にもキャンペーンを組みます。
パーマはスタイルチェンジをするためだけでなく、
毎日のスタイル作りや不器用サンのための簡単なセット、1日もたないスタイルをキープするためなど…の手助けをするためにも活躍しています。

お仕事でパーマが抵抗がある、男性の方もトップにだけパーマをかけたり

癖のある方は、ポイントでストレートをかけたり

その人に合わせてカットだけでは補えない部分をパーマで作ることで、
自分の理想に近づかせることができるんです。

この機会を逃さず、ぜひお試しください。

 

hair resort Ai新宿西口店

横川 信一

パーマキャンペーン《新宿》

テーマ:

こんにちは

もうすぐ3月も終わり、新生活が始まる時期ですね。
新生活に向けて髪型も変えたいなんていう方も多いと思います。
来月はそんな方にぴったりなキャンペーン、
パーマキャンペーンです。

お客様にパーマの提案をすると、前にかけた時かからなかった事があって…
とか
逆にかかり過ぎた…
とか、失敗をした経験があるお話を耳にする事があります。

パーマって難しいんです。
髪のコンディションが影響してくる施術なんです。

そもそも、パーマはなんでかかるのか、
なぜ、髪のコンディションで影響してくるのか、
お伝えしようと思います。

まず、髪の毛には4つの結合があります。
ペプチド結合、シスチン結合、イオン結合、水素結合。の4つです。
パーマに関係してくる結合は
シスチン結合とイオン結合と水素結合の3つが関係しているのですが、
特に関係しているのがシスチン結合というものなんです。

パーマをかける時に2回、もしくは3回お薬をつけると思いますが、この薬がシスチン結合を切ったり繋いだりしてくれているんです。
最初につける薬が還元剤といって、シスチン結合を切断します。
切断なんてきくととても傷むんじゃないかというイメージもあるかと思いますが、
どんなに強い薬でもシスチン結合の20%しか切れないと言われています。

その後、2番目の薬の酸化剤というもので再結合していきます。
巻いている状態で再結合する事でもともと繋がれていたところではなく、近いところで結合しようとするので、パーマがかかるんです。

なんとなく理解できましたか?
もともと髪のダメージがある方は、このシスチン結合が切れてしまっているので、
パーマをかけるために必要な結合が少なくかかりがわるくなったり、かかりムラができてしまったりするのです。
当店でも使っている前処理と呼ばれるトリートメント。
トリートメントときくと最後にやるイメージで間にやっても意味がないんじゃないかと思う方もいると思いますが、この前処理と呼ばれるトリートメントは結合を疑似的に作ることによって補強して、パーマをかける手助けをしてくれるのです。

トリートメントにもいろんな種類がありますので、アフタートリートメントも一緒にやることで手触りを良くしていきましょう。

また、縮毛矯正やデシタルパーマはこの仕組み自体が違います。

縮毛矯正やデシタルパーマの仕組みについては第2弾をお楽しみください。

パーマをかける際には
今は結合を切ってるかな?繋いでるかな?なんて考えるとまた違った楽しみ方ができるんじゃないかと思います。

 

hair resort Ai新宿西口店

横川 信一

カラーキャンペーン《新宿》

テーマ:

来月から年に2回のキャンペーン、ウィービングカラーキャンペーンが始まります。

ウィービングってなんだろう。
そんな方もまだまだ多いですよね。

自分の世代だとメッシュときくとわかると思います。
ハイライトやローライトという言葉も最近は出回っていますね。

でもそれってどんな効果があるの?
もちろん、かっこいいですし、おしゃれです。でもそれだけじゃないんですよ。

今日はそんなお話です。

まずは、ハイライトとは何か。ローライトとはなにか。
ハイライトは今の全体のカラーより明るいカラーを入れること。
ローライトはその逆です、暗いカラーをいれることです。

じゃあ、どんな時にどっちをいれたらいいのか。
例えば小顔に見せたい時は顔まわりにローライトをいれて影を作ります。
スタイリングが苦手でトップに動きを出したい時にハイライトを入れていろの明暗で動きがあるように見せることができます。
また、痛ませたくないけど明るく見せたい。
暗すぎるのは嫌だけどなんとなくイメージを変えたい。
そんな時にも細かく全体に入れることで可能性になります。

一人一人自分にあったカラーを作り出すことができるんです。

そして更に上級者になるとハイライトとローライトを両方いれます。
顔まわりとトップと使い分ける方法の他に、ハイライトとローライトを交互に入れて互いを引き立たせる方法もあります。
更には3色使ってより自然にみせる方法もあります。

今回の当店のキャンペーンでもただハイライトやローライトを入れるだけでなく、
そういった上級者向けのカラーコースも用意しました。

ネーミングがまた面白い。
ミルフィーユカラー。ハイライトとローライトを両方使うカラーリングです。スタイルに合わせて入れ方や色味や明るさはご提案させてもらいます。

バレイヤージュカラー。ハイライトを入れた後、上から色をかぶせることで日が経つ毎に自然に明るく見せることができたり変化も楽しめるカラーリングです。
お仕事の方は難しいかもしれませんが、学生の方や白髪染めだけど明るく見せたい方にはお勧めできます。

オンプレカラー。自然な感じグラデーションカラーです。
ロングヘアーの方にお勧めです。
普段まとめ髪で過ごしてる方にも変化が楽しめるんではないかと思います。

アクセサリーカラー。ポイントで明るくしてから色味を入れます。
普通が飽きてしまった方にはお勧めです。

いかがですか?少し理解することはできましたか?
自分もよくアクセサリーカラーやバレイヤージュカラーもやってました。

興味が出た方は是非お越しください。

 

hair resort Ai新宿西口店

横川 信一

ヘッドスパ!!《新宿》

テーマ:

今hair resort Aiでは

 

ヘッドスパのキャンペーンをやっております!!

 

メニューをいくつか、、、。

 

お試しスパ   1000円です!

これはヘッドスパを体験したことがない方!

お疲れの方!短時間で出来るヘッドスパです!

もし良ければ是非!

 

川上淳子