ブログ

講習会

テーマ:

☆HAPPYサイクルの作り方☆

〜お客様のHAPPYはあなたのHAPPYから〜
講習会に参加させていただきありがとうございました。
HAPPYサイクルとは?

①《自分》
↓笑顔、心からのおもてなし
②《お客様》記憶に残る経験でHAPPY
↓お店のリピーターになる
③《会社》収入でHAPPY
↓昇進昇格、教育の機会
①《自分》自己成長でHAPPY
自分、お客様、会社の△でなっています。
自分がHAPPYになるためには、大切な人を想う気持ち(=ホスピタリティ精神)が根底にはある。
★お客様に喜んでいただく努力をする。
〜お客様のニーズの先読み〜
※絶対※
お客様が言葉にしないニーズを読む
※目指す※
お客様ですら気がついていないニーズを読む
ニーズの先読みをするにあたり
①お出迎え
②滞在中
③お見送り
の3ステップで考える。これが揃うことで、
お客様の心を掴む“おもてなし”が出来る!
リッツカールトンのサービス3ステップ
①心からのご挨拶、お客様を名前で呼ぶ
②お客様のニーズを先読みしお答えする
③感じの良いお見送り、お客様の名前をできるだけ添える
ニーズの先読みは、目配り、気配り、心配りでできることばかりです!まずは良いアイディアを盗み、マネをする!
マネをしていく中で、自分たちにあったものにかえていく。
お客様に喜んでいただいた内容は、朝礼やミーティングなどで発表したり、見える場所に張り出してスタッフ全員で共有する。
共有することにより、
誰かを認めることを覚える。
喜んでいただいたスタッフは認められてもっと頑張りたいと意欲的になる。
他のスタッフは自分の引き出しを作るためにマネしてみる。
良い職場環境を創り出すことで
【想い】と【仕組み】でモチベーションアップにつながる
★ポジティブ思考を身につける
思考には
【ネガティブ、後ろ向き】
【ポジティブ、前向き】
常に2つの選択肢があります。
ずっとポジティブに入れる人はなかなかいないので
まずは気づく力が必要です。
そして自分自身で選択をします。
ここでネガティブな表現を
ポジティブな表現に切り替えることが大切です。
例えば…
怒りっぽい
→感情豊か、すなお、情熱的
浮気っぽい
→社交的、モテる
飽きっぽい
→チャレンジ精神旺盛
聞こえ方が少しかわりませんか?
(言い換えたものは一例で必ず正解ではないです)
思考の段階ではネガティブになっても
行動する前に気付いて、切り替えることが
ポイントです!
ネガティブ思考→避けて通る
ポジティブ思考→乗り越えようとする
ポジティブ思考は自己成長につながります。
自己成長を感じることで、HAPPYサイクルの原動力に!
 Ai新宿西口店 Karino