ブログ

安田の毛髪講座《ケラスターゼ オススメ AI 新宿》

テーマ:

さてさて、今回は髪の構造について語らせていただきましょうかね♪

頭髪はケラチンという硬質たんぱく質で形成されている。3重構造になっており、中心部にあるのが髄質で、その周囲を皮質が取り巻き、その外側を毛表皮(クチクラ、キューティクル)が覆っている。髄質は、ないものもあり、その役割ははっきりしない。

頭髪の直径はおよそ0.05mmから0.15mmの範囲であるが、個人差及び人種差が大きい。一般に白人と黒人においては細く、頭皮1平方cm当たりおよそ400本前後、黄色人種では外人に比べて太く、1平方cm当たり250本ほどである。頭髪の断面も人種差があり、黄人では一般的に円形で、白人では楕円、黒人は更に細長い。このため黄人は直毛であり、白人では波状毛と呼ばれるゆるく波打った髪から巻き毛まで変異を示し、黒人では縮れ毛になりやすい。くせ毛は、毛穴の形により生成される。ただ、唯一思春期においてのみ(個人差あり)癖が変わることがある。思春期独特のホルモンバランスの変化という説が有力である。他には、骨格の変化により毛穴の形が変わりくせが変化することもある。

尚、ショックにより一日で頭髪が真っ白になるという話が伝わっているが、医学的にはメラニン色素が一日で髪の毛から抜ける物理現象はありえない。

成長の速度もやはり個人差や人種差があるが、東アジア民族でおよそ11 cm/年 = 0.3 mm/日 = 3 nm/秒伸びるらしいですよ。

頭髪の色は、皮質に含まれるメラニンの量によって決まる。人類の大部分は多量のメラニンを含んだ黒色の頭髪であるが、白人の一部は二次的に生じた色素脱落により、金髪・茶髪が見られる。

毛の根元にある毛胞は非常に速く成長する。そのため抗がん剤投与などによりしばしば頭髪を失うことがある。抗がん剤は速く成長する細胞に働くため、ガン細胞だけでなく毛胞にも作用する事による。毛細胞の代謝を抑える為に冷却して低温に保つ事で脱毛を抑える事もある。

毛は丈夫である。1本の毛は100gの重さを、頭髪全体では12トンの重さを支えることができるとされる。これはアルミの強さに匹敵する。

毛はその環境、機械的、化学的な変化に対応する。例えば、湿っている毛を成型し乾燥させると、その型を保つ。その型は再び毛が湿ると失われる。これは髪の毛の結合に水素結合が含まれているからである。また、湿っている状態でないときでも熱風を加え、瞬時に冷やすことで型を保つことも可能である。さらに恒久的なスタイリングのためには、化学的な処理によって結合を破壊し、再構成する。

 加齢による毛髪の変化

老人は毛の内部の色素が失われるため、灰色(実際には色の無い)の毛に発達する傾向がある。これが生ずる年齢は人によって異なるが、一般的に75歳以上になるとほとんどの人が灰色の頭髪になり、一般に男性は女性よりも灰色になりやすい。

さらに年齢が進むと、灰色の毛になる可能性は大きくなり、85歳までにほとんどの人が元の毛の色がなくなる。灰色の毛は通常の加齢の特徴として考えられる。

非常に薄い色の金髪の人々は、加齢に伴って灰色の毛の代わりに白い毛が成長するのです。

もう、これくらいにしておきましょうか?

毛髪科学もこれでオッケーですね。白髪のメカニズムもわかった事ですし、前に僕が書いたケミカル講座を見返していただければ更に理解は深まる事かと思います。

これを活かして明日からの美容ライフはバッチリですね!

 

AI 新宿西口 安田浩司